交通事故慰謝料の悩みや不安は交通事故弁護士に相談して解消。

基本情報

大阪の法律事務所では交通事故慰謝料や賠償金についての無料相談を受け付けています。

交通事故弁護士と早期に解決を目指そう。

必見情報サイト

交通事故慰謝料の事例、むちうちの慰謝料については弁護士に相談しよう。大阪府、京都府、兵庫県には交通事故弁護士がいます。

有用情報サイト

有用情報サイト7

TOP > 交通事故慰謝料 > 交通事故慰謝料事例 > 交通事故慰謝料の事例を弁護士に

目次

  1. 交通事故慰謝料の事例を弁護士に
  2. 大阪における交通事故慰謝料の弁護士基準
  3. 弁護士に相談すると交通事故慰謝料の増額って本当?
  4. 大阪、京都、神戸の交通事故弁護士は事例に詳しい
  5. 交通事故慰謝料の知識がない場合も大丈夫

交通事故慰謝料の事例を弁護士に

交通事故に遭ったらどんだけの苦痛があるのか?それはきっと時と場合によるでしょう。そして、その苦痛は被害者でないと正確に表現するのは難しいでしょう。

交通事故による身体的な怪我に関してはその後治療をしますが、その際の交通事故慰謝料はどれくらいになるのか?ちゃんともらえるのか?ということは気になるでしょう。

大きな怪我で後遺障害が残る場合にはより心配でしょう。ケガの程度でこれくらいというのは簡単にはわかりません。それはその時の事故の状況や被害者の年齢や立場による逸失利益がそれぞれだからです。

だからこそ、交通事故慰謝料の金額が気になるのです。交通事故慰謝料の事例は弁護士事務所が運営する交通事故サイトに出ていることはあります。逸失利益を考えると?正確な金額が知りたくなります。そんな時には交通事故慰謝料の事例について相談してみましょう。

大阪における交通事故慰謝料の弁護士基準

大阪では大阪弁護士会交通事故委員会の「交通事故損害賠償算定のしおり」(通称「緑の本」)において交通事故における損害賠償金の査定の基準を定めています。

大阪周辺でもこの大阪弁護士会交通事故委員会の「交通事故損害賠償算定のしおり」を基に交通事故慰謝料、損害賠償金を査定しています。交通事故慰謝料の弁護士基準になるものともいえます。

この大阪弁護士会が作成したのは弁護士間での交通事故慰謝料、損害賠償金のバラツキを少なくするという意味合いもあります。

この金額は弁護士に相談し、保険会社と示談交渉をした場合の金額になりますので、素人が交渉してもあまり意味がないとは思います。あくまでも基準ですし、後遺障害等級の査定にもよりますので、交通事故弁護士に相談する必要があります。

交通事故の慰謝料の事例を知りたいなら「交通事故慰謝料 事例」で検索。

弁護士に相談すると交通事故慰謝料の増額って本当?

交通事故に遭ったら普通は保険会社に任せて、保険会社がいう金額が正しい、妥当な金額と思いがちですが、実は弁護士に相談すると交通事故慰謝料が増えることがあります。

すべてというわけではありませんが、増額になることは多いと言えるでしょう。弁護士の運営するサイトで確認するとわかります。例えば交通事故解決ドットコムには交通事故慰謝料の増額の事例が出ています。

他の交通事故関連のサイトにも交通事故慰謝料の増額事例は出ています。だからこそ、交通事故での被害が大きいほど金額が大きくなりますので弁護士に相談する価値があると言えます。

人身事故の場合は後遺障害診断書の作成のところが弁護士に相談することで全体の交通事故慰謝料が変わってくると思います。

大阪、京都、神戸の交通事故弁護士は事例に詳しい

大阪、京都、神戸には交通事故弁護士が多数います。人口が多いというのはありますし、大阪は自動車の台数当たりの交通事故が多いというのもあるでしょう。交通事故でも小さな事故から人身事故などがあります。

大阪や京都や神戸にお住まいの方で交通事故にあったなら多くの交通事故弁護士の中からできるだけ実績のある交通事故弁護士に依頼するといいでしょう。

神戸、兵庫県で活躍している交通事故弁護士の中には有名な弁護士もいます。ブログも人気です。交通事故にあったらまずは被害の状況を把握し、事故解決がうまくいかないと思ったら迷わず交通事故弁護士に相談するといいでしょう。

多くの交通事故弁護士が大阪、京都、神戸にいるということはそれだけ多くの人が相談しているということだから、遠慮する必要はないのです。たとば、弁護士法人みお綜合法律事務所があります。

交通事故慰謝料の知識がない場合も大丈夫

知識を持っていなくて、何をすればいいかわからない、金額も判断できないと思っている状況はあります。交通事故慰謝料は、事例が多くありますから、それを見て判断しても大丈夫です。事例を見ないとわからないことも多々ありますが、これを交通事故弁護士がしっかりと示して、安心できる説明も行なってくれます。

今まで支払った金額から、適切となる交通事故慰謝料を示してくれますから、わからない方も支払いが可能です。もちろん受け取る側も、今までの結果から適切な金額を知ることができますので、明らかに足りないなどの状況を生むことがなくなります。

自分が、家族が交通事故に遭ったら、いつまでに弁護士に相談したらいい?

基本的に5年が損害賠償請求の時効。なるべく早く、交通事故に強いみお綜合法律事務所の弁護士への無料相談へお越しください。大阪、京都、神戸に事務所があります。

交通事故に関する記事